r-statistics-fanの日記

統計好きの現場の臨床医の覚書のようなもの

100人を部屋に集めてお金をランダムな相手に渡し続けるとだんだんと貧富の差が生まれる~条件により印象通りの結果に:第2弾

GIGAZINEでの興味深い記事の検証第2弾。
http://gigazine.net/news/20170711-random-people-give-money-to-random-other-people/
100人を部屋に集めてお金をランダムな相手に渡し続ける」とだんだんと貧富の差が生まれる
というもの。記事の中では「45ドルを持った45人が、1カウントごとに誰かに1ドル渡す」というシミュレーション」
をしていたのだが、条件を変えてみると正規分布に近くなった。

条件:1000人で、初期所持1000ドル、100000ターン施行
f:id:r-statistics-fan:20170714143539j:plain
こうすると当初の直感に近く、1000ドル前後の層が手厚くなる
f:id:r-statistics-fan:20170714143644j:plain
densityも正規分布っぽくなり
Shapiro-Wilk normality test
W = 0.99927, p-value = 0.973
であり、有意に正規分布からズレているとはいえない。
Nが大きいため、極めて正規分布に近いと言って良いだろう

条件:1000人で、初期所持45ドル、10000ターン施行
f:id:r-statistics-fan:20170714143725j:plain
これだと、45人45ドルと同じ感じのようだ。

条件:45人で1000ドルスタート
f:id:r-statistics-fan:20170714143745j:plain

これだと1000中心の正規分布に近くなる。

初期ドルが45ドルとか10ドルとか少ない場合、GIGAZINE記載のパターン。
初期ドルが1000ドルなど十分大きいと正規分布に近くなるようだ。