r-statistics-fanの日記

統計好きの現場の臨床医の覚書のようなもの

超ムカつくtibbleクラス:バージョンアップでエラー頻発

Rのバージョンアップで、エラーが出ることが多くなった。

その多くはどうもtibbleクラスが関わっている!
色んなパッケージがtibbleではエラーを吐きまくる。

読み込んだ段階でdeta.frameがtibbleになっていることがしばしばである。

たとえばこんな感じ
> str(dat)
Classes ‘tbl_df’, ‘tbl’ and 'data.frame': 1930 obs. of 233 variables:

このtbl_dfとかtblってやつが問題。
色んなパッケージでこいつが絡むとエラーを吐ききまくる。
便利だかなんだか知らないが、まさに余計なお世話のクラスである。
まじムカつく。

例えばむかしは
dat[, "x"]
とするとdat$xのベクトルが得られていたが、
tibbleだとvectorじゃなく縦長のtibbleになるので転置して
as.vector(t(dat[, "x"]))
などとしないとvectorとして使えない。

おかげで困っていたが、

単純に
dat <- data.frame(dat)
と強制変換すれば良いことがわかった。
これでまた捗るわ。