r-statistics-fanの日記

統計好きの現場の臨床医の覚書のようなもの

9/12現在のデング熱のグラフ。蚊に刺された人の割合の信頼区間も追加

f:id:r-statistics-fan:20140912184008j:plain
f:id:r-statistics-fan:20140912184020j:plain
f:id:r-statistics-fan:20140912184034j:plain
f:id:r-statistics-fan:20140912184046j:plain
f:id:r-statistics-fan:20140912185614j:plain

2014/9/12の18時現在のデータに更新
#18:56年齢階級別の症例数も追加

今回今までになかったパターンの出現があり。
代々木公園周辺+新宿中央公園どちらも行っている例が出た。
ただ圧倒的に代々木公園が多いこともあり、今回は代々木公園の
例として扱うこととした。気が向けば今後潜伏期の確率密度関数
で重み付けするかもしれない。

今回は、男女比、蚊に刺されたことがはっきりしているか、
症例の住所、治療病院も出力してみた。

男女比については、50:50からズレているかどうかの検定も行った。

binom.test(51, 113)

	Exact binomial test

data:  51 and 113
number of successes = 51, number of trials = 113, p-value = 0.3469
alternative hypothesis: true probability of success is not equal to 0.5
95 percent confidence interval:
 0.3575414 0.5477275
sample estimates:
probability of success 
             0.4513274 

男女比は50:50から有意にずれていることはなさそうだ。

binom.test(sum(data.raw$ka==1), nrow(data.raw))

	Exact binomial test

data:  sum(data.raw$ka == 1) and nrow(data.raw)
number of successes = 81, number of trials = 113, p-value = 4.547e-06
alternative hypothesis: true probability of success is not equal to 0.5
95 percent confidence interval:
 0.6243500 0.7975664
sample estimates:
probability of success 
             0.7168142 

蚊に刺されたことがはっきりしている割合は意外と少なくて、72%しかいない
95%信頼区間は62~80%であった。