r-statistics-fanの日記

統計好きの現場の臨床医の覚書のようなもの

国立が苦戦

2014-03-05 - 驚異のアニヲタ社会復帰への道

ここで、国立が苦戦との分析がある。

glmで解析してみた。

やはり多分私立の書きまつがいと思う。

 

a <- matrix(scan("clipboard", quiet=TRUE), byrow=TRUE, ncol=3)

df <- data.frame(total = a[,1], yaba = a[,2], univ = a[,3])

 

fit1 <- glm(cbind(yaba, (total-yaba)) ~ factor(univ), data = df, family = binomial)

summary(fit1)

exp(summary(fit1)$coef[, 1])

exp(confint(fit1))

predict(fit1, type = "response")

 

国立を基準としてオッズ比は  

公立0.76735863  [95%CI 0.29241387 ~1.66852251] P=0.54418   

私立 1.85115865  [95%CI 1.17040930 ~2.87045789] P=0.00693

つまり有意に私立がやばい。

 

予測確率は

 国立0.05799649 

公立0.04511278

私立 0.10231023 

 

 

 

##下をクリップボードにコピー(元はtab区切りなのにうまく再現できない)

62    6 0

59 5 0

68 5 0

68 5 0

51 4 0

51 4 0

55 4 0

56 4 0

60 4 0

61 4 0

67 4 0

88 4 0

57 3 0

60 2 0

61 2 0

65 2 0

70 2 0

79 2 0

41 4 1

92 2 1

53 9 2

45 8 2

41 4 2

54 4 2

54 3 2

56 3 2