r-statistics-fanの日記

統計好きの現場の臨床医の覚書のようなもの

Markdownの使い方

前回は、とりあえず、Markdownでの出力がblogに貼れるかどうか

やってみた。

 

変なゴミが出たりして苦労したが、何とか無事貼り付けることができた。

 グラフなども無事表示できて嬉しい限り。

 

手順を覚書しておこうと思う

 

#1 R-studioを起動する(最新版のR、R-studioにして、パッケージknitrを

インストールしておく必要あり。はじめ古いバージョンでエラーが出て

knitrがインストールできずに苦労した)

#2 左上のfileの下の+をクリックして、R_markdownを選択。

#3 タイトル、本文などを記載する

「 ` 」  これは、@+シフトで出るようだ

「 ```{r} 」 から

「 ``` 」の間のRコードが実行されて、グラフなども出力された状態で

きれいにまとまる。

その後フロッピーマークをクリックしてsaveする。

この時、ファイル名が日本語だと後でエラーが出るので英語で。

保存するフォルダーのパスも、恐らく全部英語じゃないとだめなのかも。

#4 Knit HTMLを実行する

うまくいけば、良い感じのプレビューがでる。

#5 Save_asをクリックして保存

#6 保存したファイルをテキストエディターで開く

#7 本文<body>の直後から

<body>の直前までをコピーする。なお、「<body>」自体はコピーしない

#8 blogのHTML編集の窓に貼り付け

これで、前回の記事http://r-statistics-fan.hatenablog.com/entry/2014/02/12/194843のような感じになる。

どういうわけか、一度アップしてから、改行なり文字なり1文字でも追記すると

画像の表示がうまくいく。理由はわからない。

 

今見ると最新版EZRにもMarkdownのタブが増えてますね。どんどん便利になりますなー。

 

エラーの表示の仕方とか、いろいろMarkdownの記載上のしきたり

があるらしい。おいおい勉強していこう。